巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

財布の限界!? 手のひらサイズの極小財布「小さいふ」

ライター情報:古屋江美子

上質な革は使い込むほど薄く強くなる「小さいふ ペケーニョ」

( 1 / 4 )

[その他の写真を見る]

断捨離がブームになって久しいが、部屋だけでなく、すっきりさせたいのが財布。ショップのカードやらレシートやら、気を抜けばすぐ溜まってしまう。

こまめに整理をするのもいいが、思いきって溜めたくても溜められない状況を作るのも一手。つまり、財布そのものをとことん小さくしてみるのはどうだろう?

「小さいふ ペケーニョ」はその名のとおり、手のひらサイズの革の財布。思わず「小銭入れ?」と聞きたくなるほど小さいが、お札なら10~20枚、小銭は20~30枚、カードも6枚入り、見た目以上の収納力がある。

財布の生みの親は「クアトロガッツ」。“ちょっと賢い革小物”をコンセプトに、財布や文具といったレザーアイテムを製作している大阪のレザークリエイター集団だ。

「小さいふ ペケーニョ」も革製だが、巷の革財布とはひと味ちがう。まず驚くのが豊富なカラーバリエーション。定番カラー16色と限定カラーあわせて現在全46色を展開。カラーオーダーも可能で、財布を構成する7つのパーツそれぞれに好きな色を選べる。その組み合わせはなんと478万通り以上! 同社の中辻さんいわく、
「こだわりのひとつが、カラーオーダーというカタチで製作に携わっていただけることです。モノ創りをしているとつい自分の我が出すぎてしまいがちですが、主役は実際に使用するお客様ですから」
それができるのも企画からデザイン、製作、革の仕入れまですべて自社で一貫しておこなっているから。
関連キーワード

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2011年12月21日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!