巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

名作CMコピー、そのナンバーワンは?

ライター情報:太田サトル

好きだったコピー、のってますか?

[拡大写真]

2011年は、本当にいろんなことがあった。日々の生活の中で、当たり前のことが当たり前にあること、それがどれだけすごいことなのかということにあらためて気づいたり、考えたりもした。
広告のコピーは、そんな当たり前の生活に彩りを添えてくれるもの、そんな気がする。

「スカッとさわやか コカ・コーラ」「そうだ 京都 行こう」「きれいなおねえさんは好きですか。」「hungry?」「バザールでござーる」「わんぱくでもいい たくましく育ってほしい」「ハエハエ、カカカ、キンチョール。」……
昭和と平成の名作コピーの数々を見るだけで、あぁこのCM超好きだったなぁとか、真似したなぁとか、これ買ったなぁとか、CM ソングやCMタレントの顔なんかも浮かんできたり、いろんなことが頭の中に浮かんでくる。コピーが、いろんなものを日常の中に運んできてくれていた。

毎年、数えきれないぐらいのコピーが生まれているわけではあるけれど、そんな中から名作とされる500本のコピーが紹介されているのが、『日本のコピーベスト500』(宣伝会議)という本。
10名の著名なコピーライター、CMプランナー、クリエイティブディレクターの選出による500本で、上位10本はランキング形式で紹介されている。ランダムにページを開くだけで、前記のような気分が味わえるとともに、頭の片隅にあった記憶も掘り返されてきて、「あれは入っているかな」なんて探してみたりもする。
関連キーワード

ライター情報: 太田サトル

学生時代からそのままフリーライター業。雑誌中心に執筆、ときどき編集。 好物=ガンプラ、パンクロック、ラーメン

2011年12月26日 08時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!