巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ペットのうんちを肥料にする生ゴミ処理機

ライター情報:羽石竜示

業界初のペットのフン・生ゴミ処理機『ニューサム』(sumainu販売)。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

それを解決したのが同製品なわけだ。

気になるランニングコストはどうか。処理する場合の電気代や、バイオ剤の値段は。
「電気代400円/月のみです。定期的なバイオ剤の入れ替えというランニングコストがかからないことが、今までの生ごみ処理機の概念を覆しているのです」(同)
「バイオ剤は基本的に半永久的ですが、万が一取り換えなければならない場合は、10リットル/1万円(税込)になります」(同)
確かに電気代だけでうんちや生ゴミが処理できるというのは大きな魅力だ。

うんちと生ゴミ処理でお困りの飼い主さん、『ニューサム』は重宝かも。
(羽石竜示)
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2012年1月3日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!