巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

韓国アングラシーンを揺るがすバンド「バムサム海賊団」がやってくる

ライター情報:清水2000

ベースボーカルのソンゴンは、中学時代に「Pyha」名義で発表したブラックメタルアルバムが米国で話題になり神童と呼ばれた経歴を持つ。ドラムのヨンマンは、4人組グラインドコアバンド「クライストファック」にも参加、教会前でゲリラライブを行うなど精力的に活動中。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

K-POP人気を契機に、日本の音楽リスナーの間でも「チャン・ギハと顔たち」を初めとするインディーズ出身の韓国バンドが注目を受けつつあるが、韓国アンダーグラウンドシーンにおいて、いま熱い反応を集めているバンドが「バムサム海賊団(BAMSEOM PIRATES)」だ。今週末に行われる日本ツアーを前に、メンバーにインタビューを敢行、意気込みなどをお聞きした。

バムサム海賊団は、ドラムのヨンマンとベース・ボーカルのソンゴンによる2人組のロックバンド。グラインドコアと紹介されることが多いが、本人たちは「ばかパンク」と言う(日本語で)。
「最初はグラインドコアをしようとしたが、早弾きの技術がなく、メタルやパンクを混ぜながら、難しくなくて単にうるさい音楽をやっています」。
2010年に発表したファーストアルバム『ソウル火の海』は、全51分9秒・42曲収録という過剰っぷりを発揮。ジャケットには説明不要なあの人の顔が描かれており、収録曲だけ見ても、『本物男よ、赤い旗を揚げろ』『楽しい戦闘警察体験期』『金正日万歳』と、不穏極まりない。

彼らの音楽の核になるのが、批判精神あふれる歌詞。いや、批判というより、ネタにして笑いをとろうとしているだけなのかもしれない。
歌に登場するのは、忠誠心が過ぎる軍人や労働者、北のスパイから、ソウル市のマスコットキャラクター、CEOを夢見る子供、デス声でかっこつける自分自身まで。国家主義、民族主義、資本主義、社会そのものも、社会から逃れられない自分も、どこまで本気なのか分からないブラックユーモアで笑い飛ばす。
関連キーワード

ライター情報: 清水2000

ソウルを拠点に活動するトラベルライター。翻訳も少々。路上のコネタ、珍スポ、音楽と映画を求め、弘大のライブハウスから朝鮮半島の辺境、世界のコリアタウンまで徘徊中。

2012年1月4日 12時30分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!