巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

お坊さんが発行する人気のフリーマガジン

ライター情報:山下敦子

2009年8月に創刊され当時1500部だった発行数は、現在約1万部まで増えた。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

昨年末、ヨガと仏教がコラボレーションしたイベント「108回太陽礼拝」に参加した。私たちの煩悩の数だけヨガの太陽礼拝のポーズを繰り返し、日々の行いを浄化して心身ともに清らかな気持ちで新年を迎えようという企画だが、注目すべき点は同イベントを主催している僧侶たちである。

今、この僧侶たちとクリエイターら発行するフリーペーパー「フリースタイルな僧侶たちのフリーマガジン」がメディアなどでも取り上げられ評判を集めている。同誌代表の池口龍法さんに同誌創刊のきっかけを聞いた。

「檀家さんは年配の方が多いのですが、同世代の人たちの中にも『何か気づきたい』、『自分を変えたい』と精神的な部分で悩んでいる人がたくさんいます。同世代の人たちに日本仏教の魅力や奥深さなど分かりやすく伝えていく手段になればとスタートしました」

上の世代から他宗派との付き合いに同意を得られず、続けていくのが難しいのではないかと言われたこともあるそうだが、仏教の伝統を守りながらも既成概念にとらわれることなく隔月刊で発行。試行錯誤でスタートしたのが2009年8月。創刊して2年以上がたち、最初は1500部だった発行数も1万部まで増え京都から全国に送られ、サポーターや協力者も増えている。

仏教のことが書かれているというとフリーペーパーとは言え堅苦しい感じもするが、同誌は表紙からして仏陀の仮面をかぶった人が公園にたたずんでいたり、時に池口さんがモデルを務めたりと、ユーモアがあり手にとってみたくなる。

ライター情報: 山下敦子

映画字幕編集職を経て現在はフリーランスライター。カナダ滞在歴約5年。現在は大阪を拠点に活動し時々海外逃亡。

URL:http://www.geishaonthego.com/

2012年1月17日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!