巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

三角形の『ます』を見つけました

2011年グッドデザイン賞を受賞した三角形ます『すいちょこ』。お祝いの席だけではなく、日常使いができる、話題性のある杯である。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

器次第で、お料理やお酒の味が格段に違うように感じるのはなぜだろう。ただ食べ、ただ飲むだけではない。見て楽しむ感覚が人間に備わっているからだろう。

お酒をたしなむ方にとって、お祝いの席に登場する『ます』だけではなく、「家飲み」など、通常使いができるすてきな杯、『ます』が存在すると聞くと、気になられることだろう。大橋量器が考案した商品、三角形のます『すいちょこ』である。

「日本酒を飲む祝杯としてよく使用される『ます』を、現在の日常の中でたのしみを与える存在となることを願い、楽しく飲んでいただく酒器としてリデザインしました」と担当者。

なぜ三角形の『ます』を考案したのだろうか。
「戦国武将がドラマなどで酒を一気に飲み干すシーンに見られる、 あの古来からある杯(お皿のような)を『ます』で表現しました」(同)

つまり、戦国武将がお酒を豪快に飲む感覚を、『すいちょこ』の三角の角から飲むと、お酒がすうっと一本の線のように口中に注がれるので、新触感な飲み口を楽しめるのだ。

戦国武将はどのように酒を飲んでいたのだろう。

有名なのは、上杉謙信が好んで使ったという馬上杯(ばじょうはい)。杯の高台が高く、高台を持って飲むタイプの杯である。馬上で飲むのに適しているとか、腰が高くて馬上にいるようなので、などと名前の由来はいくつかあるようだが、そんな杯を片手に持って、豪快に酒を飲んだ謙信の姿を容易にイメージできる。

また、どくろ杯といって、人の頭がい骨を材料として制作された杯もある。

ライター情報: W. Season/studio woofoo

芸術家。趣味:旅、つくること、ダイビング。

URL:http://www.studio-woofoo.net/

2012年1月30日 10時00分

「三角形の『ます』を見つけました」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!