巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

HDRのモノクロ写真をつくってみた!

ライター情報:羽石竜示

ビルの間の夕日を撮影。左が画像処理ソフト「Photomatix Pro 3.2」(仏HDRsoft社)体験版を使って作成したHDR画像、右がノーマルなデジタル画像。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

モノクロ――写真の基本ともいうべきものでデジタルが画質の点で苦戦していることが、「モノクロ写真でデジタルとアナログ比較」で分かった。その原因のひとつは、デジカメではネガフィルムのような広いラチチュード(露光範囲)の写真を撮れないこと。ゆえに、コントラストの強い被写体などをうまく撮りきれないのだ。そこで、画像処理ソフトを使ってそのような被写体でも満足のいく画質のデジタル画像をつくってみようと思う。

それはすでに写真愛好家やプロカメラマンの間では周知となっている画像処理ソフト「Photomatix Pro 3.2」(仏HDRsoft社)で、デジタル画像が持っているダイナミックレンジを大幅に広げる(HDR=ハイダイナミックレンジ)ことができるという特徴を持つ。ダイナミックレンジというのは簡単に言うと、フィルムのラチチュードと同様に明暗差の再現範囲のこと。これを広げられれば、ネガフィルムのように、あるいはそれ以上のモノクロ写真ができるはず。

使い方としては、まずデジカメで露出(明るさ)の異なる画像を数枚撮影する。それら画像を同ソフトに取り込んで「HDRイメージを生成」のボタンを押す。すると、「トーンマッピング」というウィンドウの中に合成画像が現れる。つまり、数枚の画像を合成することでそれぞれが持つ露出が一枚の画像に反映されるというわけ。同ウィンドウで合成画像の明るさやトーンなどを調整した後、ダイナミックレンジの広い画像が出来上がる。
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2012年3月2日 10時00分

「HDRのモノクロ写真をつくってみた!」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!