巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

カメラ・ストラップが絡みにくくなるアイテム

ライター情報:羽石竜示

ストラップマウントシステム『CustomSLR C-LOOP』(米国製、テクテク販売)。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

憧れの一眼レフカメラを購入し、実際に使ってみて、「ちょっとストラップが邪魔」と思ったことはないか。カメラの両端につながれた長いストラップは結構絡まったりするし、咄嗟にカメラを構えたとき不便なこともある。そこで、そんな悩みを解消しようというアイテムがあるので紹介しよう。

ストラップマウントシステム『CustomSLR C-LOOP』(米国製、テクテク販売)というもので、三脚ネジ穴に取り付けて使用する。カメラに付いているストラップをそのまま使えるのがいい。同製品本体の両サイドのストラップ穴に通すだけ。すると、がっちりカメラをストラップで吊り下げられる。本体は回転式になっているので、肩に掛けていてストラップが捩れてしまう恐れが少なく、咄嗟の取り回しにスムーズに対応できそうだ。

さて、論より証拠。早速購入して自分のカメラに取り付けてみた。私はカメラをぶら下げるときは首ではなく肩に掛ける習慣がある。また、何を撮るのでもヨコ位置よりもタテ位置にカメラを構えることが圧倒的に多い。そんなスタイルだと、ストラップがとても邪魔になる。というのは、タテに構えたとき、ストラップの紐がファインダーにかぶさるのだ。

なので、ストラップはなるべく使いたくないのだが、街中スナップ撮りのようないろいろなところをせわしなく歩き回るようなときには、ストラップがあったほうが持ち運びには安全で便利ではある。なので、撮影のとき邪魔なのは仕方ないと割り切っていたが、それが一変した。

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2012年4月3日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!