巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

昭和に描かれた未来予想図の世界へ

ライター情報:太田サトル

この先、どんな未来が待っているでしょうか。

[拡大写真]

チューブでつながれたビル、エアカーで移動する人々。食事はカプセルでとり、家事は全部ロボットがやってくれる。宇宙都市も建設され、気軽に宇宙旅行へ……。

1950〜70年代の子ども向けの雑誌には、そんな感じの21世紀の未来予想図が、誌面を賑わしていた。

さて、21世紀はとっくにやってきて、もう2012年になるが、今のところ、まだまだそこで描かれていたような未来のかたちは、ほとんどやってきていない。電気自動車はあるけれど、相変わらずガソリンで走る自動車が地面を走っているし、リニアが実際に開業するのもまだまだ先。宇宙都市どころか、一般人が宇宙旅行できる可能性があるんだかないんだか、といった21世紀だ。

当時の子どもたちを夢の未来世界へ誘ってくれた、21世紀の未来予想図のアレコレ。その「アレコレ」を、当時のままのかたちで、一冊にまとめて紹介しているのが、『昭和ちびっこ未来画報 ぼくらの21世紀』(初見健一/青幻舎)だ。

当時描かれた、未来の文明やくらしの想像図、その記事の見出しを並べるだけでワクワク感がわき起こり、しばし過去へのタイムスリップ気分(未来の話なのだけど)が味わえる。

「夜のないせかい 人工たいよう」
「走れ、空中弾丸列車」
「岩をふきとばし 大地をくりぬく もぐらタンクの大かつやく!!」
「地下10000メートルに挑戦!! 地底探検ロボット」
「驚異の無人手術室」
「科学の夢 宇宙ビルディング」

うーん、近未来ロマン。
関連キーワード

ライター情報: 太田サトル

学生時代からそのままフリーライター業。雑誌中心に執筆、ときどき編集。 好物=ガンプラ、パンクロック、ラーメン

2012年4月25日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!