巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「ニラ」を父に「ネギ」を母に持つ、「ねぎにら」

これが、「ねぎにら」なる新野菜。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

昨年の7月、遂に訪れた「地上波デジタル放送開始」。あの日を境に、約15年頑張ってくれた“テレビデオ”ともお別れ。思えば、「テレビ」と「ビデオ」が一体となるという魅惑のルックスは新鮮な驚きだった。いやぁ、私のためによく頑張ってくれました……。

何で、こんなノスタルジーに浸っているのか。自分でも不思議なのだが、恐らくこの新野菜を知ってしまったから。日光種苗株式会社が3月中旬より出荷を開始しているのは「ネギ」と「ニラ」を掛け合わせた、その名も「ねぎにら」の苗。
ところで、これはどういう野菜? 細かくご説明させていただくと、母親は宇都宮産で甘みの強い「新里ネギ」、父親は「きぬみどり」という品種のニラだという。これらを用いて胚培養を行い、96年に栃木県農業試験場で誕生した交配種が、これなのだ。

ルックスは、もう画像の通り。芽ネギというか、ニラというか。ハッキリ言って、どちらにも見間違えてしまいそう。
では、栄養面について。これが凄い。実はこの「ねぎにら」、カロテン、鉄分、リン、繊維質、糖質など全てがネギよりもニラよりも多く含まれているという。何しろ、鉄分はニラの約2倍、カロテンは約3倍である。

では、肝心の味は?
「不思議なことに、ニンニクの味がするんですよ。本来ならば、ネギとニラを掛け合わせた味がするはずなんですけど(笑)」(日光種苗・小川さん)
奇しくも、栃木県は餃子の消費量において例年1~2位を争っている都道府県。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2012年4月25日 07時00分

「「ニラ」を父に「ネギ」を母に持つ、「ねぎにら」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!