巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

昭和のハイセンスなレコードデザインの世界

ライター情報:太田サトル

思わず中古盤屋に「ジャケ買い」しに行きたくなっちゃいます。昭和のレトロポップなデザイン集としても見所十分。

[拡大写真]

「J-POP」という言葉も、CDすらまだ世の中に登場していなかった、昭和なかごろまでの時代(ちなみにCDの発売開始は1982年だそうです)。音楽メディアの中心にいたのは、アナログレコードだった。

シングル盤は17センチ、アルバムだと30センチのアナログ盤。そのジャケットのサイズは、比べるまでもなくCDのものよりかなり大判だ。そのサイズと、その時代の空気でしか生み出せないだろう、デザインセンスにそこは彩られていた(逆にCDのジャケットでしか生まれないデザインも数多くあるとは思うけれど)。

そんなイカした昭和中期のレコードジャケットデザインの数々を一冊に集めたのが、そのままズバリ、『昭和のレコードデザイン集』(山口‘Gucci’佳宏 鈴木啓之/Pヴァイン・ブックス)。
「デザイン集」なので、ここで取り上げられているのはジャケットのみ。いわゆる「名盤紹介」の類の本ではないので、盤に収録された内容についてはここでは触れられない。さらに、「アンディ・ウォーホルがデザインを手がけた」とか、「篠山紀信が撮影した」的な意味での有名デザインを扱うわけでもない。有名無名、売り上げ、内容などは問わず、ジャケットのデザインセンスのみを基準にピックアップされているレコードたち。だから、美空ひばりや橋幸夫、フランク永井に弘田三枝子、和田弘とマヒナ・スターズなどメジャーどころのレコードと、民謡や童謡にラテン、リズム歌謡、さらにはミラクル・ヴォイス(仮名)なんて謎の歌手のレコードまでが、等列に並ぶ。
関連キーワード

ライター情報: 太田サトル

学生時代からそのままフリーライター業。雑誌中心に執筆、ときどき編集。 好物=ガンプラ、パンクロック、ラーメン

2012年5月23日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!