巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

結婚式とは勝手が違う! 「離婚式マナー講座」を受講してきました

このブーケをを受け取った人は「円満離婚ができる」と言われている。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

まぶしい黄色が鮮やかなドレスは、ファッションデザイナー・ごあきうえ氏が手掛けた一着だそう。スカート丈は短めで、「夫婦仲をいつまでも引きずらないように」という意味が込められている。

他にも、気を付けたいマナーは多い。御終儀の相場は3,000~5,000円。式中は、間違っても旧郎・旧婦の別れた原因などに触れてはいけない。拍手のタイミングは計3回と定められている(旧郎・旧婦が入場するとき、最後の共同作業として旧郎・旧婦が結婚指輪をハンマーで叩き割った瞬間、旧郎・旧婦が退場するとき)。全部、大事!

そして、本日のクライマックス。ブーケトスについてのレクチャーです。言うまでもなく結婚式では新婦が未婚の女性に投げるのが通例だが、離婚式では旧郎が全員に向かって投げる。これを受け取った人は「円満離婚ができる」と言われているそうだ。
「投げられると悲鳴を上げて逃げ惑う女性も多いですが、それはマナー違反です。このブーケをしっかり受け止める器が欲しいですね」(田中氏)

はい。では早速、講義をおさらいしていきましょうか。この日の締めに用意されていたのは、離婚式の登場人物になりきったロールプレイングでした。
特に重視すべきは、拍手のタイミングについてだろうか。何しろ、旧郎・旧婦が指輪を叩き割って参列者が拍手し出すも、後方で見ていた寺井氏から「ちょっとタイミングが早かったですね」とダメ出しが発せられる徹底ぶりで。結果、このくだりは繰り返し3度行われている。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2012年6月12日 07時00分

「結婚式とは勝手が違う! 「離婚式マナー講座」を受講してきました」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!