巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

日本酒を飲むときは、お供に冷たい“アレ”を

日本酒の隣には“和らぎ水”の習慣を。

[拡大写真]

日本酒の売上げが下がり調子……とは、もう何年も前から言われている。
各日本酒メーカーでは、その人気低迷に歯止めをかけるべく、日本酒会、酒蔵見学などのイベントを各地で実施しているそうだ。

好きな人は好きだが、苦手な人は苦手、という日本酒。
苦手な理由の一つに“二日酔いになりやすいから”というものがある。
日本酒のアルコール度数は10度以上。なかには20度近くのものまである。
ワインと同等か、それ以上の度数があるにも関わらず口あたりがいいのでスルスル飲む、そうすると翌日は二日酔い……こんなパターンに入り込んでいないだろうか。

それを防ぐため、日本酒造組合さんがおすすめしているのが“和らぎ水”だ。
たとえばウイスキーなどをストレートで飲む場合、チェイサーと呼ばれる水を合間に飲むことがある。
和らぎ水はこれの日本酒バージョンのこと。
京都の酒所、伏見酒造組合さんにお話を伺うと、「だいたい2〜3合にたいして、300ミリから500ミリの水を合間合間に飲むのがおすすめです」という。
量はおよそペットボトル1本分。お酒に弱い人はたくさん飲んだ方がいいそうだ。
その際の水は常温よりも、氷をいれた冷たいものがおすすめ。
日本酒の合間に水をのむことで、一気にお酒を飲んでしまうことを防いでくれる上、冷たい水のおかげで口の中がリセット。次の飲み口が変わるのだそう。

ちなみに一番相性のいい“和らぎ水”は、水道水やミネラルウォーターよりも、その日本酒を作る際に使われる仕込み水。
関連キーワード

ライター情報: のなかなおみ

いつか山の中に引きこもりたい大阪在住フリーライター。日々、野良猫との遭遇を楽しみに生きてます。

2012年8月4日 07時00分

「日本酒を飲むときは、お供に冷たい“アレ”を」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!