巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

レンジではじける! 崎陽軒の新シウマイを食べてみた

ライター情報:古屋江美子

封の一部が開いたらできあがり!

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

横浜名物のひとつ、崎陽軒のシウマイ。もともと電車の中で食べる駅弁として作られたもので、すぐに食べられ、冷めてもおいしいのが特長。ただ、消費期限は製造から17時間。11時間以内に冷蔵保存した場合は40時間になるが、それでも短い。

お土産用の真空パックもあり、こちらは5カ月と日持ちがするが、高温高圧で殺菌するため、レシピはまったく同じながら、多少味がちがうのも事実。あの味をもっと気楽に食べられたら! と思っていたファンは多いだろう。

そんな声にこたえて、崎陽軒では10月1日に「おいしさ長もちシリーズ」を発売。電子レンジで加熱するだけOKのカンタン冷蔵シウマイで、賞味期限も製造日を含め11日と長い。

冷蔵のシウマイ自体はいまどき珍しいものではないが、常温販売にこだわってきて同社にとって、要冷蔵のシウマイを本格的に販売するというのは、ちょっとした革命ともいえる。
「もともと駅弁から始めているので、すぐに食べられる、冷めてもおいしい、常温販売にこだわってきましたが、10年ほど前より現場の販売員から売りづらくなったという声が出てきました」
というのは崎陽軒の野並直文社長。

シウマイを食べるシーンも「電車のなか」だけでなく、「お土産」や「自宅の食卓」など多様化。“もう少し日もちすればもっと便利なのに”、“お土産に持って行けるのに”といった声も増えてきたことが、同商品の開発のきっかけになったそう。

しかもこれ、単純に電子レンジでチンするだけじゃない。
関連キーワード

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2012年10月1日 07時00分

「レンジではじける! 崎陽軒の新シウマイを食べてみた」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!