巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ドイツの自由なイヌの飼い方と流行りアイテム

ライター情報:羽石竜示

ドイツのイヌはノーリードで散歩することが多い(写真提供・sumainu)。

( 1 / 4 )

[その他の写真を見る]

動物愛護先進国ドイツ。日本でいう憲法にあたるドイツ基本法には「動物保護」が明確に謳われている。そんなドイツのイヌはどんなふうに飼われ、飼い主はどんなイヌグッズを好むのか。

「動物は物ではない」(民法)、「人間と同じ被造物」(動物保護法)、「イヌの繋ぎ飼いにおいて最低1時間は自由に運動させる」(犬の屋外飼育に関する規定)などと明記されており、日本よりもはるかに動物の権利がしっかり守られているお国柄。そうした法律の影響もあってか、ドイツ人たちのイヌは屋内外問わず、自由に活動できているようだ。

「ドイツでは交通量が多いところや人ごみなどではリードでつないでいますが、基本的にはリードを使わずに散歩しています。日本ではあまり考えられないですが、しつけがきちんとされているので、ドイツでは当たり前のことになっています」
「レストランやホテルへも一緒に行けます。これは犬に対する家族の一員という意識の強さの表れだと思います。ただし、最近は『獰猛及び危険な犬の条例』に挙げられている犬、大型犬にはリードが義務付けられているようです」
「スーパーや食品売り場など一緒に入れない場所もあります。その場合はリードでつないで外で待たせます。当然のようにイヌを待たせる場所はきちんと用意されています」
とイヌグッズ販売のsumainuさん。

さて、そんな飼い方をされているドイツのイヌたち。どんなグッズが売れているのか。
「日本は小型犬文化で、若い女性のファッションと同様に“KAWAII”というキーワードが重視される傾向にあります。
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2012年10月2日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!