巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「タウンワーク」CMの三浦春馬の歌が上手すぎる!!

ライター情報:田幸和歌子

9月27日~29日の間にテレビでOAされた60秒CMのフルバージョンでは、バイトを頑張る人達の等身大のストーリーを描いており、女子大生役を石橋杏奈が演じていた。現在は歌詞とともにキャンペーンサイトで公開中。60秒CMは地上波での放送回数がたった4回だけと少ないものの、YouTubeの再生回数が約15万回(9/30時点)と、三浦春馬さんのCMの再生回数を超える勢いを見せている。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

「タウンワーク、タウンワーク、バイトが~~君に~♪」とタレントが高らかに歌い上げるCM。初めて観たとき、ちょっとした疑問が湧いた。

「なんで深田恭子は自分で歌っているのに、三浦春馬は口パクでプロの吹き替えなんだろう?」と。

不思議に思って調べたところ、意外なことが発覚! 実はサイトで公開されているメーキングで、ご本人が歌っていることがわかったのだ。

何の疑いもなく、プロだと思い込んでしまったほどの歌唱力だが、いったい何故なのか。CM起用の理由は、彼の歌唱力を知ってのこと? リクルートに聞いた。

「三浦春馬さんに関しましては、若い20代前半の方々の等身大のイメージに加え、同年代からの強い人気という面から起用させていただきました。満員のスタジアムの中で、国歌斉唱さながらに『バイトが君を待っている』のを独唱するシーン。バイトをする人達に向けての応援の意味をこめて三浦さんには壮大に歌い上げていただきたいという想いがありました」

意外にも、起用したときには歌唱力については全く知らなかったそうで、
「撮影時に実際に歌っていただいた際に、三浦さんのあまりの美声と歌唱力にスタッフ一同が驚き、現場では思わず拍手が出ていました」と担当者は話す。

上手すぎる謎については、次のように話す。
「詳しい話は把握していないのですが、ミュージカルにも出られているとのことなので、あの伸びのある声と声量は、それが理由なのかとも思います」

CMには、「タウンワークが、求人メディアのバイト日本代表として、バイトをする人達が楽しく、より輝けるように支援していきたい」という思いと「全ての人達が日本代表のようにバイトを通じて輝いていただきたい」という思いが込められており、同年代代表として、三浦春馬と深田恭子が応援歌を歌い上げるCMに仕上がっている。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2012年10月3日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!