巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

羊羹や大福みたいな石けん

美味しそうだけど、食べちゃダメ! 泡の中にある黒いツブツブは小豆の一部らしく、潤い効果”や“スクラブ効果”があるそうです。

[拡大写真]

子供の頃の思い出。いい匂いのする消しゴムは、思わず食べちゃいたくなったりしませんでした? 駄菓子屋で買う、安くて美味しいガムを想起させるばっかりに。勉学中に、なぜかお腹が空いた理由はそれだ!

……なんで、こんな事を思い出したんだろう? あぁ、このブツを発見したからだ。業務用あんの老舗である「深澤製餡所」は、“あんの老舗”なのに石けんを開発したらしいのです。その名も『羊羹せっけん』と『大福せっけん』(ともに価格未定)。
とりあえず、画像見てもらえます? こんなにも美味しそうなのに、食べちゃダメなんです。だって、石けんだから。残念ながら羊羹ではないし、残念ながら大福でもない。

しかし、どうしてこんな紛らわしい商品開発に着手したのか? 同社に伺ってみました。
「あんこを作る工程の中、豆の皮は産業廃棄物になっていたんです。しかし我々も小豆に恩恵を受けていますし、ただ捨てるのは忍びないという思いがありまして……」(同社・担当者)
かつては畜産関係の飼料として活用されていた、豆の皮。しかし昨今は“ブランド牛”などが増えていき、飼料として再利用する機会は減っていってしまう。そこで「何かに使えないか?」という思いと「コストを削減したい」という台所事情が合致。何やかんやで「石けん」開発に辿り着いたそうだ。

……いや、その“何やかんや”が知りたい。どうして“あんこ→石けん”という流れになるのでしょう?
「実は当初は、バイオプラスティックとしての活用が候補に挙がっていました。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2012年12月2日 07時00分

「羊羹や大福みたいな石けん」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!