巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

片付けベタな人がやりがちな行動パターンって?

ライター情報:田幸和歌子

物が散らかってしまう理由はただひとつ……?(写真はイメージです)

[拡大写真]

タレントや一般人のお宅に収納の達人が訪れ、部屋をキレイに生まれ変わらせるという、よくあるテレビ番組の企画。

部屋の主が「わ~! 別の部屋みたい!」と歓声をあげつつ、手にとったものを何気なく戻したりする様子を見るたび、「こんなにキレイになっても、きっと一週間後には元通りなんだろうな」と、つい思ってしまう。
自分を含め、片付けが苦手な人には、たぶん「無意識に散らかす行動パターン」が染みついていると思うのだ。
そう考えると、「片付け方」を学ぶよりも、そもそも「散らかすときのクセ」を自覚し、治すことが必要なんじゃないだろうか。

片付け下手の行動パターンには、どんなものが あるのか。12月10日に新刊『取り出し簡単!すっきり片づく「仕分け」収納術』を出版予定の整理収納アドバイザー・西口理恵子さんに聞いた。

「散らかしてしまう人の原因は、実ははっきりしています。それは、『モノの住所が決まっていない』ことです。住所が決まれば、おのずと適正量も決まってくるので、部屋がスッキリするはずですよ」
確かに、我が家の散らかりパターンを考えてみると、「無造作に雑誌などを床や枕元に置く→その上に雑誌や本、書類などが積まれ、後に山積みになる」といったケースが多い。雑誌などをラックに収まる量にすれば良いのだろうけど、それがなかなかできないのも事実だ。
「大切なのは、『見せたいものしか見せない勇気』を持つことです。例えば、そのファブリーズは見せたいものですか? そうじゃないのなら、机の下や近くにカゴを置くなどして、その中に入れ、見せないようにしましょう」
まるで我が家を見られているような鋭い指摘に、ドキッとする……。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2012年12月6日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!