巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

大晦日ってなに食べます?

もちろん年越し蕎麦もお忘れ無く。

[拡大写真]

いよいよ年末。年が明けたらおせちにお雑煮……と食べるものがいっぱいだ。
しかしそれに比べて年末、31日はなにを食べているのだろうか

まず思い浮かぶのが年越しそばだが、それだけではちょっと寂しい。
そこで他に何を食べるかというと寿司、カニや牡蠣など豪華な鍋。そしてすき焼きなど、ご馳走料理を味わう家庭が多いそう。

冷え込む時期であり人が集まる時なので、どこの県でも鍋の人気は強い。しかし、大晦日からフライングでおせちを食べる。そんな習慣もあるそうだ。

大晦日からおせちを食べることを“年取り膳”という。実は江戸時代からこの習慣はあったそう。
古くは日本では旧暦が用いられていた。旧暦では日没すると一日がはじまるといわれていたため、31日の日が沈めばすなわち元旦だったのである。お正月のはじまりが今より少し早かったのだ。

この習慣について、紀文食品さんにお話を伺ったところ、会社の独自調査により「年取り膳の風習は現在でも北海道、東北で多く見られます」という。
地域にはよるものの、今でも大晦日からおせちを食べる風習は廃れていないというわけだ。
そんな紀文さん、年取り膳を現代に復活させた“年越しおせちシリーズ”を、お正月に向けて発表した。
内容は、
“かきのガーリックオイル漬け”、“かきのしょうゆ仕立て”、“ローストアーモンド田作り”、“鶏の塩麹焼”、“ほたて貝ひもわさび&数の子昆布菊花和え”、“粒うに真いか和え&つぶ貝昆布”の合計6品。
関連キーワード

ライター情報: のなかなおみ

いつか山の中に引きこもりたい大阪在住フリーライター。日々、野良猫との遭遇を楽しみに生きてます。

2012年12月30日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!