巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

インフルエンザの検査、「鼻から」は辛いんですが

ライター情報:田幸和歌子

まだまだ寒い日が続きます。御用心ください。

東京都では昨年12月20日に「都内でインフルエンザ流行開始」が発表された。
急な発熱等で病院などにかかり、インフルエンザの検査をしたという人も少なくないかもしれない。

ところで、今は鼻の中に長い綿棒を入れ、粘液をとるインフルエンザの簡易検査が主流になっているが、この方法って案外、「痛い」「辛い」「気持ちが悪い」とう声が多いもの。

なぜ検査は「鼻」からなのか。むしろ採血のほうがラクだと思う人もいそうだけど……。
検査薬キットのメーカー担当者に聞いた。

「鼻に綿棒を入れる検査が辛いとか痛いという声は確かによく聞きます。これは鼻だけでなく、のどからとることもできるんですが、鼻に比べて“感度”がどうしても低くなるんですよ」
小児などの場合、嫌がる子が多いため、細い綿棒を使用したり、のどから粘液をとる医療施設もあるそう。

また、鼻水をラップなどにかんで検査するという方法も耳にしたことがあるけれど、これって有効? だとしたら、ずっと簡単で良いけれど……。
「鼻水で検査することもできますが、やはり感度は低くなります」
検査は簡易検査であり、「結果をすぐに見せる」ことが目的。陽性となった場合には、感染しているが、陰性だった場合でも、「絶対に感染していない」とは言い切れないため、できるだけ感度の高い方法、つまり鼻の粘液を綿棒でとるという方法が、一般的なのだそうだ。

とはいえ、鼻からが苦手な人は、のどからとってもらうこともできるもの?
「鼻から、のどからなどは、検査キットを作るメーカーがどう申請したかによります。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2013年1月8日 07時31分

「インフルエンザの検査、「鼻から」は辛いんですが」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!