巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

水族館で魚を食べる!? “シーパラ”の「うみファーム」に行ってきた

アジや季節の魚が釣れる「フィッシングゾーン」。子どもや初心者でも釣れるので、みんなかなりテンション上がってます。

( 1 / 9 )

[その他の写真を見る]

3月8日、横浜・八景島シーパラダイスに“海育”をコンセプトにした施設「自然の海の水族館 うみファーム」がオープン。“海育”とは、“ひとが自然の海とふれあい、海とともに成長していく”という意味の造語なのだとか。
さっそく、先ごろ行われたプレビューに参加してきました!

施設は東京湾のリアルな生態系が観察できる「オーシャンラボ」と、自然の海で魚釣りや魚のつかみ獲りができて食べられる「食育ゾーン」に分かれています。海の生態系を解説するような企画は全国の水族館で行われているものの、実際の海で約7300平方メートルものスペースを使った展示ができるのは、広い“シーパラ”ならでは。さらに魚を釣って食べる食育的なプログラムを取り入れている水族館は全国で何か所かあるのですが、関東近郊ではかなりレアといえます。

まずは魚釣りができる「フィッシングスクエア」(参加料600円 ※魚の調理代は別、付添い入場は1名100円)へ。複数の生け簀があり、通年でアジ釣りが楽しめるほか、季節ごとの旬の魚が泳ぐ生け簀もあります。私はギンザケのコーナーで久々の釣りに挑戦しました。エサだけ取られないよう、オキアミをしっかり針に付けて……30秒くらいでヒットした! 早っ! このギンザケくんたちはやたら元気がよくて、釣り上げてデッキに下ろした瞬間飛び跳ねてまた水の中に逃げてしまったりするので気が抜けません。暴れるギンザケくんから針を外すのに苦労しながら、生きた魚に触るのが本当に久しぶりだということに気づきました。

ライター情報: 古知屋ジュン

カフェオレ&お菓子ジャンキーのフリーライター。好きなもの=ロック、動物(特に猫)、水族館、国産のイケメン

URL:Twitter:@kochiya29

2013年3月12日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!