巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

昼は会社員、夜は漫画家……フリペ漫画家・蒼室さんの新妻への気遣い

蒼室さんが描いた作品のごく一部。中でも「断片くん」は10回シリーズものとなったヒット作。よく見ると、結婚記念漫画も…

( 1 / 7 )

[その他の写真を見る]

大人になってから、急に火が付いたように何かにハマることがある。漫画家といえば、子どもの頃に目指して、20代に挫折…という方も多いかもしれないが、関西で活動している蒼室寛幸さんは、大人になってから漫画を描き始めたという。昼は会社員、夜は漫画を描いている蒼室さんに、大人になってからの漫画家生活についてお聞きした。

●処女作がいきなり売れた! けれど…

――蒼室さんは、「断片くんシリーズ」に代表される漫画を描いたり、漫画や紙媒体に関するイベントのプロデュースを多数されていますが、子どもの頃から漫画家になるのが夢だったんですか?
「全くそういうわけじゃないんです。確かに子どもの頃に描いてはいましたけど、その後は全然描いてなくて、ちゃんと漫画を書き始めたのは28歳ぐらいからです」※現在30歳

――30歳になる前になってから目覚めたんですか!大人になってから描くのは大変だと思いますが、きっかけは?
「社会人になってからバンドを組んだんですけど、会場で売るものが何もなかったんです。そこで、僕がヒマだったこともあって、なにげなく自分で漫画を描いてミニコミ誌みたいにして売ったら、めちゃくちゃ売れたんです。200部が完売したので、『この道でいけるんちゃう?』って勘違いして(笑)」

蒼室さんは早速、レコード屋さんに“営業”をかけて置いてもらうことに。これが、まさかの好評で、かなり売れたという。さらに、ミニコミ誌を扱ってくれる本屋さんの存在を知り、早速置いてもらうことに。
関連キーワード

ライター情報: やきそばかおる

テレビやカルチャーにまつわる雑誌や書籍の仕事に携わったり、動物の写真を撮ったり、焼きそばを作ったり、消しゴムはんこを彫ったり……の楽しい毎日です。

URL:https://twitter.com/yakisoba_kaoru

2013年3月15日 07時30分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!