巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ずっと、閉店セールをしている店

あの看板、ずっとかかったまんまだな

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

筆者の実家の近くに、かれこれ十数年、ずっと閉店セールをしている店がある。

セールが始まった当初は、「ああ、閉店するんだ、残念だな」と思っていたが、あまりに長期にわたって開催されているので、誰も疑問に思わなくなっていた。よく繁華街でも、閉店セールのたびに店の名前が変わっていく店舗をみかけるが、この店の場合、かなり腰が据わった感じの本格派閉店セールのようだ。

知り合いにも聞いてみると、「うちの近くにもそんな店があった」という目撃談は意外と多く、「ずっと閉店セールの店」は日本全国に存在しているのかもしれない。今回は、そんな不可思議な店についての積年の疑問を晴らすべく、お店にいって話を聞いてみた。

住宅地にひっそりとたたずむその店舗には人影がなく、もしかしたら閉店セール中であるどころか閉店してしまっているのではないかと思ったが、店内には商品であろう電化製品が並んでおり、営業中のようだ。この店の看板は、セール開始以来、つねに「閉店セール」の幕に隠されつづけていたため、この店が電気屋であることを店内に入って初めて知った。

勇気を出して店に入り、「すみませーん」と何度か呼んでみると、奥から店主らしきおじさんが出てきた。取材を申し込むと、「なんだこいつ」という顔をしながらも、承諾してくれた。

店主さんによると、この店が閉店セールを開始したのは約20年前。経営状態が悪化し、店を続けられなくなったので本当に閉店するつもりでセールを開催したところ、「閉店セールをしたら意外と品物が売れたんで、セールの期間を伸ばし伸ばししていたらこんなに経ってしまいました」とのこと。
関連キーワード

ライター情報: エクソシスト太郎

フリーライター。好物:巻き寿司、仙台、日之内エミ。

2013年5月1日 07時30分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!