巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

iPhoneを“空中マウス”にしてしまうアダプター

手に持ってるのはiPhone、操作しているのはPC。基本、プレゼン用です

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

スマホって、重宝しますよね。いや、電話やメール以外での用途でも活躍するじゃないですか。例えば、スマホをテレビのリモコン代わりにしたりとか……。そんなツール、もうお馴染みですかね?

そして、こんな使い方もあるらしいです。サンワサプライが3月11日に発売した『iPhoneプレゼンター(200-LPP017)』を活用すると、iPhoneがパソコンのマウスになるらしいのです。

iPhoneがマウスに……。これ、どういう事かわかります? パソコンの前に居座りながら、そこを定位置にしつつカーソルを動かしたりダブルクリックする必要がないわけです。電波が届く位置で、自由自在に操作すれば良い。「プレゼン関連グッズの販売が好調な中、保有率の高いiPhoneを使ってうまくプレゼンツールにできないかという案から商品を企画しました」(同社・担当者)

使い方は、簡単。まずiPhoneには、無料の専用アプリ「IAMP」をインストール。そしてプレゼンターの送信機をiPhoneのイヤホンジャックに、受信機をパソコンのUSBポートに接続。これでもう、既にビジネスツールになっている。
「企業やビジネスマンによる購入が多く、会議のプレゼンに活用されていると考えております」(担当者)

このツール、実際に私も取り寄せてみました。画面上にはPOWER POINTのファイルを起ち上げて。この状態で、自分のPCから1メートル以上は離れた位置に立ち、iPhoneのアプリをイジってみます。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2013年5月28日 07時30分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!