巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

おみくじって何回引いてもいいって本当?

『イラストでよくわかる日本のしきたり』ミニマル、ブロックバスター (著)/彩図社

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

私たちの生活には昔から続くたくさんのしきたりや風習がある。

ひとつ例を挙げると七夕もそうだ。昔よりは少なくなってしまったけれど、願いを書いた短冊などを竹に飾り、夜は織姫と彦星に思いを馳せながら空を見上げる。七夕行事は本格的な夏の到来を感じさせるもののひとつだ。

この七夕。もとは手芸・裁縫技術の上達を願う中国の行事が起源だということをご存知だろうか? 子供のころから(大人になった今でも機会があれば)七夕の短冊には“身長が伸びますように”と書いてきたが、そのルーツからすると習字などの習い事の上達を祈願するのがふさわしいらしい。それじゃ私の今までの願いは……と、ちょっとだけ悲しくなってしまったが、この願い事は諦めて今後は何かの上達を願うことにしよう。

七夕の話はイラストでよくわかる日本のしきたりに書かれていたのだが、編集を担当した権田さんが一番驚いたのは、おみくじの作法だという。
「初詣などでおみくじを引いて、その結果に一喜一憂することは多いと思いますが、現役の宮司さんいわく、“気に入らないなら、何度引いても構わない”と」

2回も3回も引いては意味がないと思っていたが、そうでもないみたいだ。これは確かに驚きだ。大吉、凶などその結果ばかりを覚えているが、本当に大切なのはそこに書かれている言葉のほうだ。
「おみくじは、いわば神様からのメッセージ。結果よりも書かれている内容を心に留めて、1年を送るのが大切なんだそうです」

こんな風に、たくさんある行事や慣習の中で、本来の意味や正しい作法は知らないことが多い。
関連キーワード

ライター情報: 上村逸美/eBookJapan

本が好きで、本の仕事に就いてます。雑誌の編集も少し経験あり。
電車の中と寝る前に読むことが多いです。

URL:http://boox.jp/

2013年7月4日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!