巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

駅や空港の本屋にあるエロ小説、売れるの?

ライター情報:田幸和歌子

新幹線に乗る前、どんな本を買いますか?

[拡大写真]

「エロの妄想を掻きたてるには、活字は相性が良いですが、とはいっても、やっぱり小説が以前よりも売れなくなっているのは間違いないです。官能小説もやはり同じで、いま、官能小説を買っているのはほとんど40代以上じゃないかと思います。妄想力って規制があればあるほど広がるから、情報過多な今の若い世代には、あまり身についてないんじゃないか、とも思います」

誰もが通る道というわけではなく、新しい世代に受け継がれず、中高年の間で生き続けている「官能小説」というジャンル。小説界の「演歌」みたいな存在になっているんでしょうか。
(田幸和歌子)
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2013年7月10日 07時00分

「駅や空港の本屋にあるエロ小説、売れるの?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!