巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

スウェーデン発! 斬新すぎる砂遊びおもちゃ

ライター情報:古屋江美子

こんなにいろいろな形を作ることができる「ダンシング・サンド」

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

最近、子どもたちが砂遊びをする機会が減っているらしい。

砂遊びといえば、子どもが大好きな遊びのひとつ。だが、大人にとっては意外に面倒なことも多い。汚れた手足を洗ったり、泥だらけの服を洗濯したり……。そもそも暑い夏や寒い冬には公園に行くのも大変だ。

先ごろ、株式会社ボーネルンドが1~5歳の子どもを持つ全国の母親を対象におこなった調査によれば、砂遊びの頻度が「週に1 日未満」という人が43.4%と半数近くにのぼり、砂遊びをまったく「しない」と答えた母親が8.3%もいた。「子どもに砂遊びをさせたい」と思っている母親が全体の71.5%を占めているにもかかわらず、である。

砂遊びで困っていることや、砂遊びをさせたくない理由としては、「衛生的に不安」や「手足や服が汚れる」といった声が多く、「放射能が心配」という人もチラホラ。そもそも「砂遊びできる場所がない」という人も少なくなかった。

とはいえ、砂遊びは子どもの創造性を引き出したり、手先の器用さを高めたり、科学的な関心を呼び起こすなど、子どもの成長に欠かせない遊びでもある。

そんな砂遊びをもっと気軽に体験できるのが、スウェーデン生まれの砂遊び玩具「ダンシング・サンド」だ。

ユニークなのがその手触り。見た目は乾いた砂のようだが、触るとしっとり湿った感じ。水を使わずにいろいろな形を作れるので、粘土にも似ている。私も実際に触ってみたのだが、ヒンヤリとやわらかな感触が気持ちよく、座り込んでしばらく遊んでしまったほど。
関連キーワード

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2013年7月11日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!