巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

かき氷はブルーハワイが主流なのか

ライター情報:田幸和歌子

ところで、ブルーハワイといえば、語源は「ブルー・キュラソー」というお酒から作られるカクテルだということや、「ブルーハワイ味」は結局、甘味料や着色料、香料などが合わさった味だということはよく聞く話ですね。

[拡大写真]

かき氷と言えば、イメージするのもイラストなども、やっぱりイチゴ味。
でも、近年、お祭りなどでかき氷を食べる子どもたちを眺めていると、イチゴ味を選ぶ子は案外少なく、圧倒的に多いのが、ブルーハワイである。
しかも、小中学生がイチゴ味を食べている友達に対し、「シブいね~」なんて言っている場面を見ることすらある。
もしかして、いつの間にかかき氷の定番はブルーハワイになっているのだろうか。
業務用かき氷シロップを扱う、創業昭和10年の老舗メーカー・中村商店に聞いた。

「かき氷のシロップの一番人気は、常にイチゴ味です。弊社はかき氷シロップを何十年も販売していますが、イチゴ味は不動の1位なんですよ」
ああ……やっぱりブルーハワイは主流にはなっていないんですね……。
「いいえ、ブルーハワイは常に上位5位の中に入っていますから、主流ではあります。ただ、売上順でいくと、1位がずっと変わらずイチゴで、以下、2位がみぞれ、3位が宇治茶、4位にブルーハワイですね」

売上では、昔に比べ、みぞれやメロン・レモンが若干減少しており、ブルーハワイは横ばい状態が続いているそう。ちなみに、近年伸びているのはマンゴー味だと言う。

では、ブルーハワイを食べる子どもをやたらと見かける気がするのは、気のせいなのだろうか。
「確かに売上ではイチゴが一番多いですが、イチゴは大人の方に人気で、お子さんたちにはブルーハワイが人気あるということは言えます」
世代による好みの差があることから、「子どもたちがブルーハワイを食べる姿をよく見かける=人気が伸びている」と感じるのではないか、という指摘だった。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2013年8月23日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!