巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

フランスでメロンは半額!? 高い日本の果物価格

ライター情報:加藤亨延

1日1個のリンゴは医者知らず

[拡大写真]

「日本はフルーツが高い」。日本で暮らす外国人たちが口をそろえて言うセリフだ。日本に遊びに行った知人のフランス人たちからも「日本は食事をするには安いのに、果物はなぜこんなに高いんだ」といつも質問される

一体、東京とパリではどれくらい値段が違うのか。リンゴ、モモ、メロン、ブドウ、サクランボという5品目について、総務省『小売物物価統計調査報告』とINSEE(仏国立統計経済研究所)が出した各果物についての平均小売価格から、2012年の日仏の平均市価を比べてみた。

結果、リンゴは東京が1kg当たり573円(以下すべて1kg当たりの価格)でパリは2.44ユーロ(約326円)、モモは東京が804円でパリは3.26ユーロ(約436円)、メロンは東京が628円でパリは2.57ユーロ(約343円)、ブドウは東京が1340円でパリは3.96ユーロ(約539円)、サクランボは東京が2870円でパリは7.6ユーロ(約1015円)だった。リンゴ、モモ、メロンは約1.8倍、ブドウは約2.5倍、サクランボは約2.8倍、東京がパリより高い。

価格が安い分、欧州は日本より果物がより身近だ。リンゴ1個をカバンに忍ばせておき、お腹が空いたら丸ごとかじっている人もよく見かける。実際、国際連合食料農業機関(FAO)が出す日本とフランスの1人1日当たりの消費量を比べてみても、フランス人は日本人の約2倍多く果物を食べている。

加えて日本の生鮮果実の消費量は年々低くなっている。
関連キーワード

ライター情報: 加藤亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。主な取材テーマは比較文化、および社会、政治。取材等での渡航国数は約60カ国。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。『地球の歩き方』フランス/パリ特派員

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2013年10月21日 07時00分

「フランスでメロンは半額!? 高い日本の果物価格」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!