巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

書くだけなんてもう古い!? 仕事中に癒されるペン

ライター情報:山下敦子

ゼブラ株式会社「リプトン×サラサクリップ」1本各157円(税込)
軸にはリプトンの紙パックのデザインがプリントされ、キュートでカラフル。

( 1 / 5 )

[その他の写真を見る]

私は職業柄、ペンフェチで新しいペンが出ると試してみたくなる。それに、匂い、いや香りフェチでもある。そんな私の欲望を満たしてくれる、大人が癒される香りペンを2つ紹介したい。

~ペンが紅茶に恋をした!~

まずは、ゼブラ株式会社が、紅茶のリプトンとタッグをくんだペン「リプトン×サラサクリップ」だ。私はリプトンの紙パックアイスティーをよく飲むが、その香りを再現した香料をインクに配合したボールペンで、アップルティーやレモンティー、マスカットティーなど全10種類のラインアップ。

同社広報室の池田さんによると、従来「サラサクリップ」の購入者層は、老若男女と幅広い。数量限定商品は発売後3~4カ月は販売するが、同商品は9月発売にして約1カ月で店舗によっては売り切れの色・セットがあると好調。ちなみに、「サラサクリップ」はコネタ同様10周年を迎えた!

この「リプトン×サラサクリップ」は、見た目の可愛さと香りが売りということもあり、当初は女子高生の利用者を見込んでいたが、ふたを開けてみると大人の女性だけでなく男性の支持も集めているという。「『リプトン』を愛飲されているのが男女性別問わず広い層であることに加え、普段の生活の中で香りを楽しむ習慣が女性だけでなく、男性にも広がっているのかもしれません」(池田さん)


さて、実際に使用して香りを嗅いでみた。字を書くとまるで紅茶を飲んでいるような香りがふわりと舞う。「おっ、リプトンの香りだ! 」と興奮するも、香りはさりげなくそこにあり、しつこすぎることはない。

ライター情報: 山下敦子

映画字幕編集職を経て現在はフリーランスライター。カナダ滞在歴約5年。現在は大阪を拠点に活動し時々海外逃亡。

URL:http://www.geishaonthego.com/

2013年11月11日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!