巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

フランスで猫に1万ユーロの懸賞金かかる! 現場で探してみた

ライター情報:加藤亨延

住宅街にあった張り紙

[拡大写真]

フランスで猫が失踪する事件が相次いでいる。場所はパリ近郊のフォンテーヌブロー。周囲を豊かな自然に囲まれた住宅街で、今年8月初旬以来、約20匹の猫が行方不明になった。猫はすべてフォンテーヌブロー・アヴォン駅から800m以内の範囲で消えており、多くの飼い主が悲嘆にくれている。

そのフォンテーヌブローで最近、懸賞金が掲げられた。生きた状態で失踪した猫を見つけた人にはトータルで1万ユーロ(約130万円)を支払うというものだ。仏パリジャン紙によれば、猫の捜索に大金を寄付したのは匿名の紳士。彼が失踪した猫の飼い主に、懸賞金を出したいという連絡を入れ、今回の懸賞金が実現したという。

突然のことに、失踪した猫の飼い主も、当初紳士から連絡を受けた時は冗談だと思ったそうだ。しかし紳士の家に招かれ、彼の猫も2年前に同じ状況でいなくなったこと、そのため今回、失踪した猫の飼い主の手助けをしようと思ったことなど説明を受け、紳士の提案が冗談ではないと確信したそうだ。

彼が匿名であるのは彼がそれをリクエストしたからで、彼はフォンテーヌブローで知られた人物だという。飼い主たちは懸賞金の受け渡しができるように、アソシエーションを作った。また飼い主たちは共和国検事に手紙を送り、この事件の捜査も開始された。

そこでエキサイトも、この連続猫失踪事件が発生しているフォンテーヌブローの現場へ入ってみた。

フォンテーヌブロー・アヴォン駅に降り立っても、特に物々しい雰囲気はない。
関連キーワード

ライター情報: 加藤亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。主な取材テーマは比較文化、および社会、政治。取材等での渡航国数は約60カ国。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。『地球の歩き方』フランス/パリ特派員

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2013年11月18日 07時00分

「フランスで猫に1万ユーロの懸賞金かかる! 現場で探してみた」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!