巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

女王のスピーチを聞かないと新年を迎えられない国民

大晦日のスピーチをする女王マルグレーテ2世(2013年)

[拡大写真]

毎年、大晦日の晩18時前になると、デンマーク人はいそいそとテレビの前に集まってくる。家族と一緒にいても、友達や近所の人と一緒にいても、18時が近づくと暗黙の了解のようにテレビをつける。約10分間の女王マルグレーテ2世のスピーチを聴くためである。

「女王のスピーチを聴かないと、新年を迎える準備ができない!」というデンマーク人は、実はかなり多い。年配の方だけでなく、若者にも多い。そして、スピーチを聴いた後は、みんなで感想を述べ合う。今年は良かったとか、イマイチだったとか、どんなメッセージが良かったとか、云々……。デンマーク人にとって、女王のスピーチは、大晦日の一大イベントであり、1年の締めくくりなのである。
スピーチの視聴率が高いのは、そこに女王の人柄や哲学が反映されており、何かしら考えさせられる部分があるからである。2013年大晦日のスピーチでは、「デンマークは小国ですが、ささいなことを気にするケチな国になってはいけません」というメッセージが印象的だった。
女王の名言はいくつもあるが、最近のスピーチで心に残ったメッセージを下記に取り上げたい。2009年には「経済危機の影響で失業者が増えています。けれど、失業しても深刻にならないように。これをスローライフを送ってみるいい機会だと捉えましょう。大切な人との時間を大切に。人生には仕事よりも大切なことがあるはずです」というメッセージ。2010年には「経済の危機がモラルの危機を引き起こさないように注意しなければなりません。
関連キーワード

2014年1月11日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!