巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

あの居酒屋チェーンでも公認(?)の“勝手にタイアップバンド”を直撃

テンションMAXでライブ(打ち上げ)中のオリンポス16闘神。メンバーの本職は医者や大学教員、IT企業経営者などそうそうたる顔ぶれなのだが……?

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

葛飾区・新小岩といえば、安くてうまい居酒屋がたくさんあるエリアとして有名だ。そんな新小岩を拠点に活動する、“ある意味世界規模”なバンドが存在するという。

オリンポス16闘神は2002年に結成されたミクスチャーメタルバンド。医者や大学教員、マンガ家、IT企業経営者など10数名のメンバーが在籍していて、その中からライブによりスターティングメンバーを変える、ざっくり言えば某A○B48のようなシステムを採用しているらしい。キャッチフレーズは“日本一音楽にこだわらないバンド”。
ちなみに彼らの“ライブ”にはライブハウスなどで行うライブと居酒屋にメンバーとファンで集まるライブ(打ち上げ)があり、非常にややこしい。

このバンドが“メンバーが大好きだから”という理由で、勝手に居酒屋チェーン「さくら水産」のテーマソング「マグロのアラ煮は80円」を制作。これが『潜入!リアルスコープ』(フジテレビ系)などメディアに取り上げられたことで「さくら水産」の売り上げがアップし、結果的にこの曲が「さくら水産」の公認ソングになってしまった。しかも番組放映時にはiTunesの世界ランキングで6位にランクインし、あのレディー・ガガやレッチリに“一瞬”はさまれるという快挙を成し遂げたそう。

これをきっかけに彼らは、世界初のBtoBtoC(企業の消費者向け事業をサポートする)バンドとして活動中。昨年7月には「大衆鳥酒場 鳥椿」の依頼を受けた公認テーマソング『チンチロリンハイボォォォル!』をリリース。
関連キーワード

ライター情報: 古知屋ジュン

カフェオレ&お菓子ジャンキーのフリーライター。好きなもの=ロック、動物(特に猫)、水族館、国産のイケメン

URL:Twitter:@kochiya29

2014年1月27日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!