巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「高校物理って結局、何だったの?」への答え(前編)

ライター情報:田幸和歌子

こうした楽しそうなグループ学習のなかで、物理を学びます。

[拡大写真]

まず「声を出さず、ジェスチャーで」誕生日順に並び、4人ずつのグループを作ることからスタートし、これは1分10秒でクリア。そこから、4人1組でグループが作られて、司会となるホストが決められ、一人1分ずつ自己紹介→グループごとに話し合い(20分)→グループ移動をして話し合い(20分)→元のグループに戻って気づきの共有・作成(20分)→全体で挑戦・アイディアの統合(20分)と進められていった。
女子高生たちが、ストローを曲げてみたり、切ってみたり、つないでみたり、設計図を模造紙に書いてみたりする顔は真剣そのもの。
「カゴ状」「クモの糸みたいに」「パンツみたい」と、いかに衝撃を吸収させるか考え、卵の落下を受け止める「受け皿」を工夫するイメージが次々に出される一方で、2メートル上から落とした場合、思い通りの場所に落ちない可能性も考え、卵の周りに直接ストローを巻きつける案も出てきた。
最終的には多くが「卵そのものをストローで武装する」スタイルに落ち着き、実験の結果、割れずに成功したのは2つのグループだった。

ところで、実験結果そのものよりも、驚いたのは、女子高生たちの取り組み方だった。

正直、女の子が4人も集まれば、関係ないおしゃべりが始まったり、誰かが仕切り、何もしない子が出てきたりしそうなものなのに、全員が「参加」し、きちんと「考えて」いた。「物理は苦手」と自己紹介で話していた子たちも、自分の意見をきちんと出していた。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2014年2月8日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!