巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「春一番」はあって、春二番、春三番はないの?

ライター情報:田幸和歌子

日差しはおだやかですが、ものすごい強風が吹き荒れています。

[拡大写真]

3月18日、関東で春一番が吹いたと報じられた。

でも、ちょっと待てよ? 「春一番が吹いた」というニュースって、もっと前に報道されていなかったっけ? 別の地域の話だったのだろうか。それとも、もしかして春に同じような強風が吹くと、何回吹いても「春一番」なのか。あるいは、「春ニ番」「春三番」もあるのか。気象庁・天気相談所に聞いた。

「『春一番』が何回も吹くことは、ありません。一回だけです。今年の場合は、いちばん早かったのは北陸の3月12日、次が九州の3月13日で、地方によって判定する日が異なりますので、他の地域のニュースを聞いたのかもしれません。あるいは、テレビで気象キャスターが『今日、春一番が吹きます』『明日、吹きそうです』などと言っていたように思いますので、それで『吹いた』と認識されたのかもしれません」

そもそも「春一番」の定義はどんなもの? 地域で判定するということは、地域によって定義も異なるのだろうか。
「大きな部分では共通しておりますが、地域特性の設定値で異なる部分もあります。たとえば、『南寄りの風』『風速8m/s以上』『気温が上昇する』などは共通していますが、『日本海に低気圧が発達すると起きる』というのは、おおかたの地域で共通しているものの、九州南部など当てはまらないところもあります」
また、春一番は通常、北に低気圧が通過した後、いったん寒気を引きこみ、気温が下がるという特徴もあるそうだ。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2014年3月19日 07時00分

「「春一番」はあって、春二番、春三番はないの?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!