巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

中1~高3男女が同じ土俵で戦うロボット大会って?(前編)

ライター情報:田幸和歌子

「新しい学びフェスタ2013」決勝トーナメントの様子。
(主催 ベネッセコーポレーション/共催 聖学院中学校・高等学校/新しい学びフェスタ実行委員会、日本マイクロソフト株式会社)

[拡大写真]

中1から高3までの男女が戦うロボット大会が、3月23日に聖学院中学校・高等学校で行われると耳にした。
マイクロソフトとベネッセコーポレーションによる理数系人材育成プログラムで、その名も「新しい学びフェスタ2013 『ロボットを作ろう、動かそう』合同発表会」。

でも、それって、高等専門学校(高専)が参加する、いわゆる「ロボコン」とどう違うの? 
主催のベネッセコーポレーション 学校教育カンパニー長室の小村俊平さんに聞いた。

「専門性が高い『高専ロボコン』と異なる点は、ロボットやコンピュータに詳しくない中学生や高校生が参加できることです。ロボット好きの生徒だけではなく、全く興味がない女子高生でも授業でやってみたら面白くなるというのが狙いです。ロボット好き男子と、そうでない女子が交流する場ができたら面白いと思いませんか」

スタートは7年前。大学生講師による土曜日や夏休みの出張授業と、教員が総合学習や情報の時間で行う授業という二つの方法で、毎年20校程度の中学校や高等学校が参加している。そして、毎年1回、各校が作成したロボットとプログラムを持ち寄って競いあう大会が行われているという。

大会では、「2~3人1組でチームを作ること」「共通の4本足のロボットを使うこと」「芸のプレゼンと、レースで競うこと」以外、可能なかぎりルールを設けないそうだ。
「面白いのは、同じ教材で同じロボットを作っているはずなのに、各校が全く異なるプレゼンやロボットの動きを披露することです。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2014年4月10日 07時00分

「中1~高3男女が同じ土俵で戦うロボット大会って?(前編)」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!