巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

電車に乗って串かつ参上! 大阪ならではの旨くてオモロイ串かつ店へ行ってきた

ライター情報:山下敦子

新世界元祖串かつ「だるま」心斎橋店(住所:大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-5-17)
で走る串かつ電車。この4月で一周年を迎えた。

( 1 / 5 )

[その他の写真を見る]

案内してもらったテーブルには「天王寺」という駅名がついている。そして、「お待たせ!」という威勢のよい声とともに御堂筋のレールから電車で運ばれてきたものは……串かつだ。

大阪名物の串かつが電車に乗って運ばれてくるという、なんとも面白いコンセプトの店は、昭和4年創業の新世界元祖串かつ「だるま」。現在関西に12店舗ある「だるま」の中でも、ここ心斎橋店だけの趣向だ。

客がタッチパネルで注文すると同時にキッチンで揚げられた串かつが、電車の模型に乗せられ目の前まで運ばれてくるという仕組み。テーブルに設置されている保温機に熱々の串かつを移動させて、光る赤ボタンを押すと「おおきに! また呼んでや! 」と電車は車庫(キッチン)へ。

座る席によるが、特注レールは2段式で上部が環状線、下部が御堂筋線をイメージして作られている。大阪情報コンピューター専門学校の生徒が壁一面に描いたという絵には、海遊館や通天閣はもちろん、大阪の名所がずらり。店の柱に通天閣の足が描かれ、あたかも通天閣の上から街を見下ろしているかのよう。

それにしても老舗の有名串かつ店がなぜ電車に串かつを?
同店は145席と系列店の中でも席数が最も多く、ミナミのど真ん中と立地も良い。「食べておいしいのはもちろん、家族がアトラクションのように見ても楽しめる大阪ならではの店にしたい」と同社代表取締役の上山勝也さんが考案したという。

オープン当初は、店に電車が走るのは『だるま』らしくないと常連客から言われることもあったというが、開店から1年たち、旅行客や若い年代の人たちにも喜ばれるようになったという。

ライター情報: 山下敦子

映画字幕編集職を経て現在はフリーランスライター。カナダ滞在歴約5年。現在は大阪を拠点に活動し時々海外逃亡。

URL:http://www.geishaonthego.com/

2014年4月16日 07時00分

「電車に乗って串かつ参上! 大阪ならではの旨くてオモロイ串かつ店へ行ってきた」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!