巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ベートーヴェンの意外な素顔をマンガで楽しむ『運命と呼ばないで』

ベートーヴェンといえばクラシック界を代表する音楽家の一人。どんな人でも顔や名前、代表曲の『運命』くらいは知っている巨匠だ。
では、ベートーヴェンはどんな人物だったのだろうか。難聴という不運に見舞われたにも関わらず作曲家として名を馳せたことは有名だが、教科書に載っているような情報以外はあまり知らないのでは?

そんな彼の半生を描いたマンガ『ベートーヴェン4コマ劇場 ー運命と呼ばないで』が、4月22日に発売される。もともとクラシックの大手レーベル「ナクソス・ジャパン」のウェブサイトで連載されていたものだが、ベートーヴェンがオヤジギャグを連発したり、ポカをした弟子に“ギロチンチョップ”なる必殺技を繰り出したりと、ちょっと、いやかなりくだけた内容なのである。

このナクソス・ジャパンからは、これまでにも『交響戦艦ショスタコーヴィチ』などインパクトのありすぎるコンピレーションアルバムがリリースされ、Twitter界隈で話題に。昨年のクラシックの大型フェス「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」では、エリック・サティのコンピ盤発売にちなんで帽子とメガネでサティのコスプレをしたスタッフが、彼が愛したというシュークリームの手作りオブジェを配るなどの企画を実施したりと、業界内でもかなり異彩を放っているレーベルだ。
このマンガ連載をスタートした経緯などについて、スタッフの長門さんと堀さんに話をうかがった。

――これまではクラシックのレーベルって、ちょっと敷居が高いイメージがあったんですよね。

ライター情報: 古知屋ジュン

カフェオレ&お菓子ジャンキーのフリーライター。好きなもの=ロック、動物(特に猫)、水族館、国産のイケメン

URL:Twitter:@kochiya29

2014年4月22日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!