巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

将棋名人戦の「おやつ」に関する様々な疑問

ライター情報:田幸和歌子

「喜多方ラーメンプリン」432 円(税込)お菓子の蔵 太郎庵 直営店全店にて限定数販売

[拡大写真]

「森内名人のおやつは、『喜多方ラーメンプリン』」

先日、こんな不思議なニュースが話題となった。
実はこれ、森内俊之名人に羽生善治三冠が挑戦する「第72期将棋名人戦七番勝負」第2局第1日目(4月22日)の「おやつ」のこと。

「熱塩加納産有機米みたらし団子と塩豆大福」を選んだ羽生三冠に対し、森内名人が選んだのは「喜多方ラーメンプリン」(お菓子の蔵 太郎庵)という変わり種だったことから、ネット上では「森内名人、チャレンジャー」などの声が多数挙がっていたのだ。


ところで、この「名人戦でおやつを食べる」という習慣は、一般には知らない人も多数いる一方で、将棋に詳しい人や、名人戦ウォッチャーの間では「いちばんの見どころ」と言う人すらいる。
そもそもどんな目的で、いつ、どんなものを食べるものなのか。誰がメニューを決めるのか。日本将棋連盟に聞いた。

「おやつはだいたい15時頃からです。ただし、対局の進行上、あまり早く進む場合には、おやつが前倒しになる場合もあります」
ちなみに、昔は通常の将棋の対局でも、将棋連盟がおやつを出していたことがあったそうだが、今は基本的にタイトル戦のみ。おやつの時間などは各タイトル戦で異なるそうだ。

名人戦を見ていると、唐突におやつタイムが始まる印象があるが、出ていくタイミングは「対局の進行上で邪魔にならないとき」などと考慮されているのだろうか。

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2014年4月28日 07時00分

「将棋名人戦の「おやつ」に関する様々な疑問」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!