巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

2

「東京の公立中学はちょっと特殊」なの?

ライター情報:田幸和歌子

学校選び、けっこう大事ですよね(写真はイメージです)。

「東京の公立中は、言葉は悪いけど、“しぼりカス”みたいな子が集まるところだから」
以前、都内の公立中学校で教諭を務める知人からそんな話を聞き、耳を疑った。「しぼりカス」という言葉を先生が子供に対して使うこと自体が衝撃的で、聞き捨てならないと憤慨したが、実際、自分の子の勉強は塾任せで、私立中学受験をさせる先生も多いと聞いた。

文科省の「平成24年度学校基本調査」によると、東京の中学校の生徒総数のうち、公立中学は約74.2%で、私立中学は約24.9%。
全国統計では、生徒総数のうち、公立中学が約92.0%、私立中学が約0.7%であることを考えると、確かに東京では私立中学に通う生徒の割合は多い。とはいえ、7割以上が公立中学だ。
また、地方出身者の場合、塾通いの経験もなく、近所の公立の小中高に通い、国公立等の志望大学に合格した人も多数いたと思う。

だが、そうした見解にはこんなツッコミがくる。
「自分たちが子どもの頃とは時代も地域も違うから。東京はちょっと特殊だから」
何が特殊なのか。東京だけでなく、地方大都市でも同様だそうだが、中学受験をする子の多い学校・クラスでは、「地方出身者にはわからない “常識”」が確かにある。
たとえば、小学6年生になると、授業中に堂々と塾の宿題をやる子が多数いること。土曜授業や土曜行事は「塾優先」で学校を休む子が多数いること。中学受験が迫った年明けには、学校をお休みする子が多数いることなど……。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2014年6月10日 08時00分

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    せやね

    1
  • 匿名さん 通報

    同じく。 その通り。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!