巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

吉野家が"チョイ飲み"に最適!? 話題の「吉呑み」に迫る

ライター情報:スズキナオ

吉野家の店頭に赤ちょうちんが灯る

( 1 / 4 )

[その他の写真を見る]

牛丼の大手チェーン「吉野家」の東京千代田区・神田店の2階は、夕方以降「吉呑み」という居酒屋業態になる。そんな情報をTwitterで目にして驚いたのが数週間前のこと。

アップされていたメニュー表の画像には、「まぐろ刺身」「冷奴」など、居酒屋の定番的な品々が並ぶ。どれもリーズナブル価格な上、「牛すい」など、気になるメニューも。ビールやチューハイ、ホッピーも飲めるらしい。

調べてみたところ、JR神田駅店に続き、2014年6月になって東京駅八重洲通り店、西五反田一丁目店も「吉呑み」としての営業を開始したという。これは行ってみたい。

そんなわけで今回、吉野家「西五反田一丁目店」で「吉呑み」の楽しみを体験するとともに、吉野家の方へ詳しいお話を伺ってきた。

まずは、そもそも「吉呑み」というスタイルでの営業が始まったきっかけを伺った。

「吉野家はお昼時に利用される方が多い傾向にありまして、2階建ての店舗ですと、夜は2階を閉めて1階部分だけで営業する店舗が多かったんです。このスペースを有効活用して、夕方から夜の時間帯にもお客様にもっと吉野家を楽しんでいただけないかと検討を重ねていました。そのアイデアの一つが"吉呑み"なんです」

「そこで、JR神田駅店を一つのモデルとして、昨年の秋口に、平日の17時半から22時半という時間で吉呑みを始めさせていただきました。神田は飲み屋さんのひしめくエリアで、周りには安くお酒を楽しめる場所がたくさんあるのですが、そのエリアの中でも十分な業績を上げることができましたので、ぜひ他店舗へも拡大していこうということになりました。
関連キーワード

ライター情報: スズキナオ

1979年生まれ水瓶座・A型。立ち飲みや無目的な街歩きが趣味。チミドロっていうテクノバンドをやっています!

2014年7月17日 08時30分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!