巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

耳鼻科通いに「卒業」はないのか

ライター情報:田幸和歌子

耳鼻科通いはどうしても長期化しがちですよね(写真はイメージです)。

[拡大写真]

さまざまなアレルギー症状を持つ子が多い現代。幼い子を持つお母さんたちと話していると、こんな話を耳にすることがしばしばある。

「子どもがアレルギーで耳鼻科にかかっているけど、全然治らないから、途中でやめた」「気づいたら、一年中耳鼻科通いしてる感じ」「耳鼻科に行っても同じクスリを出されるだけで、終わりがないんだよね」

確かに、わが子も幼児の頃は鼻水がひどく、毎週耳鼻科に通っていたが、「もう来なくて良い」とは一度も言われず、長期通院でヘトヘトになった記憶がある。
花粉症など季節の病気はともかく、子どもの耳鼻科通いは、なかなか治らず、ときには永遠に卒業できないんじゃないかと思うこともあるほど。
「アレルギーは体質改善しないと根治にはならない」とも聞くけれど、もしかして耳鼻科通いには明確な「卒業」がないのだろうか。
慶友銀座クリニックの大場俊彦院長に聞いた。

「病態にもよりますが、耳鼻科に長期間、頻繁に通院し続けるのは、治療としてはありえます。特に小学校に入るまでの子どもは、顔も小さく未発達で、症状が悪化しやすいため、耳鼻科に通って処置してもらったほうが、治療効果が高くなる傾向にあります」
ただし、未就学児を頻繁に長期間連れて行くのは、大変なことではある。

また、耳鼻科に通い続けても、同じクスリが出るばかりで、「本当にずっと続けていて良いのか」と迷うこともあるけれど……。
「小さい子どもは、鼻が詰まると、すぐ中耳炎になりやすい傾向があるんです。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2014年8月22日 07時55分

「耳鼻科通いに「卒業」はないのか」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!