巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

“の”の字は幸せの証。幻の沖縄銘菓『ぎぼまんじゅう』

甘さひかえめなあんがたっぷり入ったぎぼまんじゅうは直径10cmほど。蒸すときやラッピングに使うサンニンの葉の香りがアクセントに。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

筆者が育った沖縄の土地柄の一つとして、ものごとの合理性を大事にするということがある。

暑さ対策のためにスーツの代わりに着られるようになったかりゆしウェア(アロハ風シャツ)などはその筆頭といえるが、食に関しても例えば、天ぷらにははじめから衣に味がついていて天つゆや塩いらずだし、いまや全国区で知られているタコライスは、タコス屋さんが余った具材をご飯と食べていたまかない飯が発祥という説もある。

そんな沖縄グルメのなかでも、個人的にその合理性が光っていると思うのが那覇市首里に店を構える『ぎぼまんじゅう』(通称:のまんじゅう、1個税込150円)のまんじゅうである。
中華まん風の大きめのあんまんで、食紅で大きく“の”と書かれた素朴なまんじゅうだ。

創業100年を越えるぎぼまんじゅうは、首里城のお膝元である那覇市首里久場川(くばがわ)に一店のみで営業。名物おばあとして親しまれた初代の名嘉眞ハルさんが残念ながら今年亡くなられたのだが、娘さんの祖慶米子さん、さらにその娘さんとでお店をきりもりされているそうだ。誰もが疑問に思うであろう“の”の字の由来など、お話をうかがった。

「“の”の字はのしの意味ですね。昔からこのまんじゅう一種類で“の”を書けばお祝い用、何も書かないものは法事用、とオールラウンドな用途に使っていたそうです。お祝いでも何祝い用というのが特に決まってないので、結婚式や新築祝い、進学祝い、出産祝い、入退院祝い、どんなことにも使えるからとひいきにしてもらっている方も多いですね」

これ、創業者の“ハルおばあ”は本当によく考えたものだと思う。

ライター情報: 古知屋ジュン

カフェオレ&お菓子ジャンキーのフリーライター。好きなもの=ロック、動物(特に猫)、水族館、国産のイケメン

URL:Twitter:@kochiya29

2014年8月21日 08時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!