巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

食べられるうつわが簡単に!? いつものお弁当をかわいく変身させるグッズ

ライター情報:羽石竜示
おにぎりを作っている時、「ごはんって、便利だなぁ」と思う。好きな形、好きな大きさでつくれ、いろいろな食材と相性がよく、しかもおいしくて、持ち運びしやすい。そんなごはんを、もっと便利においしく食べようというアイテムがこのほど登場しました。なんと、ごはんを使って“食べられるカップ”を作ることができるらしい!?


その商品とは「食べる器 おいし~CUP」(アーネスト)で、見た目は直径10.5センチ×高さ6.5センチのコンパクトなオレンジ色の容器です。

カップ、カバー、押し具の3点セットになっており、アルミホイルを敷いたカップの中に、しょう油、おかかなど、お好みの食材とごはんを混ぜたものを入れ、押し具でぎゅっとフタをする。


すると、ごはんがカップの形になるので、それをアルミホイルごと容器から外し、トースターで7、8分焼く。これで、見事にカップ状の焼きおにぎりとなるわけです。
あとは、それにいろんな食材を盛りつけて食卓に出すだけ。また、あらかじめアルミホイルに入っているので、そのまま弁当箱に入れて食べることも可能。

とてもユニークな発想のアイテムを開発したきっかけや経緯に興味がわき、アーネストの開発担当者に話を聞いてみることにしました。
「実は当社の製品の中に、すでにのりや食パンからカップを作るアイテムがありました。そこで、ふと『何か別の食材でもカップが作れないだろうか?』と感じたのがきっかけです」

でも、どうして今回はごはんだったのですか?
「ごはんであればどんなおかずにも相性がよく、どの家庭にもあるものなので採用しました」

発想のきっかけはシンプルだったものの、開発過程は必ずしもスムーズではなかったそう。
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2014年9月7日 09時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!