巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

日本と海外の占いはどう違う? 占い師・アイビー茜さんに聞く

ライター情報:加藤亨延
人は占いが好きだ! 特に占いに強い関心がなくても、毎朝テレビで流れる12星座占いや新聞の占い欄を、ついついチェックしてしまう。そんな占い事情に、日本と海外で違いはあるのだろうか? イギリスと韓国に留学し、外国での占い経験や、有名人からの鑑定依頼も多い占い師・アイビー茜さんに聞いてみた。

――ヨーロッパは占星術のイメージですが、現地で人気はありますか? 
あります。ヨーロッパの人は日本と比べ、星座の知識に触れる機会が多いため、自分の12星座を言えるだけでなく、各星座のストーリー、相性などを知っている人が多いです。特に私が一時期いたイギリスは、西洋占星術を大成させてきた国の1つです。世界的な占いの研究機関ですし、ロンドン市内コベントガーデンには、「The Astrology Shop」という有名な占いのショップもあります。

――西洋占星術は東洋のものと違いますか? 
西洋占星術も東洋占星術も、元をたどれば星占い。バビロニア(現在のイラク南部)で生まれ、天文学と関連して発展しました。西洋占星術は、今では恋愛など個人を占うイメージが強いですが、当時は国の運命を知る手段でした。一方で東洋占星術は、どちらが格上でどちらが格下か、ということを明らかにする傾向が強いです。中国や韓国は「家」というものをとても大事にしますよね。そういう文化が占いにも反映されています。
「The Astrology Shop」という有名占いショップの店内

――日本だと血液型占いが定番ですが、海外の人も同じように気にしますか? 
じつは血液型による性格診断は、占いのカテゴリーではありません。
関連キーワード

ライター情報: 加藤亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。主な取材テーマは比較文化、および社会、政治。取材等での渡航国数は約60カ国。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。『地球の歩き方』フランス/パリ特派員ブログ

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2014年10月4日 08時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!