巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ロンドンでハイパージャパン開催! 英国では今、日本の何が人気なのか?

ライター情報:加藤亨延
海外でのすべての権利を、米国の会社が持っていることは往々にあるので、英国で人気が出るだろうと思い交渉しようにも、日本の権利元と話せません。結局何も展開できず、腐らせてしまうことも多いです。

――日本人歌手やパフォーマーなど、日本での知名度は英国での活動に関係ありますか?
英国人の琴線に触れるものであれば、日本での知名度は関係ありません。以前ハイパージャパンで、ニンジャマン・ジャパンというロックバンドが公演し、英国人にとても人気でした。忍者という東洋の神秘性を感じさせる要素と、ロックという音楽的な親しみやすさが、英国人に受け入れられたのでしょう。一方、日本で有名なバンドや演奏家でも、英国では全然うけなかったということも多いです。ロックという、オリジンがこちらにあるものを、そのままやっても難しいですね。

――ロンドン市内でも日本食は人気ですか?
人気です。しかし、日本の大手外食産業はまったく進出してきていません。最近、ようやく一風堂という大手ラーメン屋が進出しましたが、全体では圧倒的に少ないです。欧州だから商売がやりにくいということもありませんし、間違いなくビジネスになる要素はあります。例えば英国には「Wasabi」という、すしを扱うチェーン店があり、英国人に大変人気です。これは韓国人がベンチャービジネスで始めた会社です。日本についての需要はあるのに、日本人は最初にやろうとしないのです。

――日本人は海外進出に消極的ですか?
海外は敷居が高いと感じるのか、誰か外国人が市場を作ってから初めて、そこに乗ってきます。

ライター情報: 加藤亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。主な取材テーマは比較文化、および社会、政治。取材等での渡航国数は約60カ国。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。『地球の歩き方』フランス/パリ特派員

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2014年11月27日 08時00分

「ロンドンでハイパージャパン開催! 英国では今、日本の何が人気なのか?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!