巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

都区内のコミュニティバス全82路線を乗った男、湯浅祥司さん登場!!

コミュニティバスといえば『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(テレビ東京※次回は1月3日放送)でも度々登場。地方では高齢者を中心に重要な交通手段となっている。実は都区内にも82の路線がある。全ての路線に乗車して『コミュティバス旅行記』を発行した湯浅祥司さんに、なぜ乗ろうと思ったのか等、お話を伺った。

●コミュニティバスに乗る時は忙しい
――そもそも、コミュニティバスが都区内に82路線もあること自体、知りませんでした。
「23区のうち品川区と目黒区を除く21区で運行されています」
湯浅さんはトータルで12日かけて全路線に乗車。
都区内のコミュニティバス制覇にあたって、まずはルートを考える。
「あまり分割して乗ると大変なので、なるべく一日でたくさんのルートをまわれるようにスケジュールを組みました」
ここまでは楽しいが、問題は乗る時のこと。湯浅さんにとって、やることが多い。
バス停周辺の写真を撮影、時刻表を撮影、到着したコミュニティバスを撮影、車窓から気になったものがないかチェックする、車内を観察する(どんな人が乗っているか、時には会話も楽しむ)など。
▲湯浅さんが乗車した路線一覧(一部)


●掲載する時刻表はバス停で調べて自ら作成
湯浅さんは、旅が終わると印象に残ったことを執筆するわけだが、湯浅さんの『コミュニティバス旅行記』の本作りにかける情熱とこだわりは半端ではない。文中では、紹介するコミュニティバスの時刻表の一例を掲載しているが、それは停留所で写真を撮ったものを自らエクセルで入力したものを掲載している。

ライター情報: やきそばかおる

テレビやカルチャーにまつわる雑誌や書籍の仕事に携わったり、動物の写真を撮ったり、焼きそばを作ったり、消しゴムはんこを彫ったり……の楽しい毎日です。

URL:https://twitter.com/yakisoba_kaoru

2014年12月22日 10時30分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!