巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

カロリー神話に対する挑戦 「原始人食ダイエット」とは?

ライター情報:鶴賀太郎
では具体的にどういう食生活なのでしょうか。

「基本的には穀物を極力食べないようにし、加工食品を避けることが中心になります」
そう答える松島さん、実は日本で起きつつあるパレオ・ダイエットブームに大きく関わっているのです。昨年12月に発売以来、好調な売れ行きでパレオ・ダイエットへの理解に大きな役割を果たしている『Go Wild 野生の体を取り戻せ!』(NHK出版)の版権を、著者のジョン・J・レイティ医学博士の絶大なる信頼のもと獲得し日本に紹介したのが松島さんでした。
パレオ・ダイエットなど原始人の生活様式を参照することによって、人間が本来持つ能力や快適さを快復できるとする、ハーバード大学メディカルスクール、ジョン・J・レイティ医学博士とジャーナリストのリチャード・マニング氏の最新刊。食事の他に睡眠や運動、瞑想などについても言及されている

“パレオ・ダイエット”を『Go Wild』からかいつまんで説明すると、
1)穀物を極力食べない
2)砂糖(特に精製糖)は避ける。ジュースももちろん!
3)加工食品は極力食べない
4)ナッツや脂肪豊富なチーズなどは多めに摂る(但しトランス脂肪はダメ!)
5)できるだけ多様な食物を摂る
6)特に食べる量は制限しなくてもいい
ということになります。

ということは「はじめ人間ギャートルズ」ばりに骨付きの肉をガンガン貪ってもいいということ? という質問が来そうですが、そこが少しだけ厄介なところです。詳しい科学的裏付けは本書を読んで頂きたいのですが、トウモロコシや大豆の飼料で育った牛ではなく、牧草で育った牛を食べることを推奨しています。まあ、原始人だから全てがオーガニックで育ったものというのは当然といえば当然ですが……。

「日本で厳密にやるのは難しいので、あまり無理する必要もないと思います。

ライター情報: 鶴賀太郎

ライター/ウェビナーコーチ。
国内外の著者、映画監督、経営者インタビューを得意とする。オンラインマーケターとして、ウェビナー(ウェブ+セミナー)を活用したビジネス構築もコーチ。

URL:ウェビナー

2015年1月23日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!