巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「麻布学園」が"謎"の進学校と言われる理由

ライター情報:鶴賀太郎
「謎」の進学校を描いたルポタージュが話題になっています。

『「謎」の進学校 麻布の教え』(集英社新書・神田憲行著)。麻布学園(麻布中学校・麻布高等学校の総称。以下「麻布」)と言えば、開成、武蔵と並んで中学受験の御三家と称され、戦後に新学制に移行してから50年以上も東大合格者数のトップ10から一度も外れたことのない唯一の学校という超有名進学校。その麻布のどこが「謎」なのでしょう? また名門校とはいえ、過去3年の東大合格者数のランキングは3位、4位、4位と特筆すべき程のものでもありません。それにも関わらずこの麻布本がさまざまな書評で取り上げられるなど、注目を浴びているのはなぜなのでしょう?
自由で個性的な進学校・麻布学園の教育の本質にせまるルポタージュ。企画段階での仮タイトルは『麻布って変』だったという。

著者の神田憲行さんは、元日本マイクロソフト社長で現慶応義塾大学教授の古川亨さん、歯に衣着せぬ鋭い舌鋒(ぜっぽう)で人気の社会学者・宮台真司さん、脱原発宣言をして話題になった城南信用金庫理事長の吉原毅さんなど、ユニークな人材に麻布の出身者が多いことに気づいて興味を持ち始めたといいます。
「ここもまた麻布かよ、変な人が多いな、という印象でした。最終学歴が東大でも一皮剥けば麻布、というようなことがよくありました」(神田さん)

実際麻布は多岐にわたる分野で多くの人材を輩出していることでもよく知られています。進学校らしくOBには、橋本龍太郎元首相、福田康夫元首相をはじめ、谷垣禎一衆議院議員、平沼赳夫衆議院議員、与謝野馨元衆議院議員など 多くの重鎮政治家を擁しており、財界にも石田礼助元国鉄総裁、堤義明元西武グループ総裁、佐藤康博みずほフィナンシャル・グループCEOなどそうそうたる顔ぶれがいます。
関連キーワード

ライター情報: 鶴賀太郎

ライター/ウェビナーコーチ。
国内外の著者、映画監督、経営者インタビューを得意とする。オンラインマーケターとして、ウェビナー(ウェブ+セミナー)を活用したビジネス構築もコーチ。

URL:ウェビナー

2015年1月30日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!