巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

五感が刺激される"走るレストラン"に乗ってきた! 美食や地元の歓迎に感動

ライター情報:古屋江美子
先日、なかなか予約が取れない人気の観光列車「TOHOKU EMOTION(東北エモーション)」に乗ってきた。それがもう文字通り、というかそれ以上に、エモーション(感情)が揺り動かされる体験でびっくり。特別な鉄道ファンでもない筆者が、まさか電車に乗って感動して泣くなんて思いもしなかったのだ。

東北レストラン鉄道「TOHOKU EMOTION」が走るのは、青森県の八戸駅と岩手県の久慈駅間を結ぶJR八戸線。美しい三陸の海沿いを走る風光明媚な路線である。同列車の最大の特徴は、列車全体がレストラン空間であること。コンパートメント個室車両、オープンダイニング車両、ライブキッチンスペース車両の3両で編成された、いわば“走るレストラン”だ。
「TOHOKU EMOTION」。外観は煉瓦をイメージしている

レッドカーペットが敷かれたエントランスで、横断幕を持ったアテンダントに誘われ車内へ。青森リンゴのスパークリングジュースで出迎えられると非日常の旅のスタートだ。客層は若いカップルから年配の方までさまざま。ちなみに乗客の約半数は地元の人だそう。
プレースマットや箸袋のイラストは福島県のデザインスタジオKOBIRIによるもの。カワイイ!

車内はクラシカルで落ち着いた雰囲気。インテリアのセンスも秀逸で、床に青森の「こぎん刺し」、ファブリックに福島の「刺子織」、照明に岩手の「琥珀」など随所に東北各地の伝統工芸がモチーフとなったインテリアが施されているのが心憎い。
(上)ライブキッチンスペース。キッチン背面も「こぎん刺し」がモチーフ
(中)コンパートメント個室席は全7室
(下)オープンダイニング車両。大きな窓で開放感たっぷり

往路に楽しめるのは、有名シェフによる東北の食材を使ったランチコース。2015年3月までの往路メニューは、東京・南青山の人気フレンチ店「L'AS」の兼子大輔シェフが手がけている。

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2015年2月1日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!